読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凹みTips

C++、JavaScript、Unity、ガジェット等の Tips について雑多に書いています。

Windows7 64bit で Vim 環境を整えてみた

Vim

はじめに

Ubuntu 11.10 環境下で neocomplcache-clang を導入してみた - 凹みTipsという記事を書いたのですが、家のメイン機は Windows7 なので、ここで vim を操作できるように環境を整えてみました。時間がかかったので備忘録的にメモ。

今回の最終目的

gVim 上で VimShell が動く。

手順

MinGW+MSYS

まず種々のコマンドが動くようにするために MinGW + MSYS な環境を整えます。私は下記URLを参考にインストールしました。

SSHで各サーバにアクセスもしたかったので、mintty も入れましたが MinGW + MSYS だけあれば十分だと思います。MSYS をチェックしてインストールすれば完了。

※ ちなみに mintty を入れて既に環境の整った UbuntuSSH したイメージがコレ。

gitを入れる

neobundle.vim でプラグイン管理をしたいので git を使えるようにしておきます。

ここから msysGit を DL して適当な場所にインストールします。
私は C:\MinGW\msys\msysgit 以下においておきました。

Pathを通す
C:\MinGW\bin
C:\MinGW\msys\1.0\bin
C:\MinGW\msys\msysgit\bin
C:\MinGW\msys\msysgit\mingw\bin

環境変数から Path に上記フォルダを追加しておきます。cmd.exe を起動して g++ とか git とか動くようになっていればOK。

gVimの導入

Vim(+kaoriya)をインストールします。gVim を起動するとこんな感じです。

neobundle.vim の導入

neobundle.vimvim plugin を簡単にインストール&アンインストール出来るようにしてくれる素晴らしい plugin です。

zip でダウンロードして解凍して出来た autoload と doc を以下のフォルダに放り込みます。

C:\gVim\vim73

そして導入する plugin を vimrc に書き込みます。

filetype off

if has('vim_starting')
"	set runtimepath+='path to neobundle directory'
	call neobundle#rc(expand('file:///C:\gVim\vim73\neobundle\plugins'))
endif

NeoBundle 'git://github.com/Shougo/neocomplcache.git'
NeoBundle 'git://github.com/Shougo/unite.vim.git'
NeoBundle 'git://github.com/Shougo/vimfiler.git'
NeoBundle 'git://github.com/Shougo/vimshell.git'
NeoBundle 'git://github.com/Shougo/vimproc.git'

filetype plugin on
filetype indent on

こんな感じです。そして gvim.exe を起動して

:NeoBundleInstall

をすると、勝手に各リポジトリから git clone してきてくれます。あとは自分の好きなように vimrc をいじりましょう。

vimproc の設定
:VimShell

をすると VimShell が起動します。が、vimproc をまだ入れてないので、ls とかすると以下のようなエラーになります。

proc.dll を作ってやらなければいけません。
32 bit 環境の人は cmd.exe で vimproc のフォルダに入って

make -f make_mingw.mak

すれば動くかもしれませんが、64 bit の人は 64 bit 用の dll を作成する必要があります。

ここを参考に作成すれば OK です。ちなみに

こんなページもあるようです(私はここのでは動きませんでした…)。これで VimShell が動くようになります!ちょっと _gvimrc を書いて colorscheme を desert にして VimShell を動かしてみたキャプチャが↓になります。

その他もろもろ導入

あとは neobundle.vim を利用してプラグインをサクサク入れていけば完了!