読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凹みTips

C++、JavaScript、Unity、ガジェット等の Tips について雑多に書いています。

Qt Creator の設定覚え書き

Qt

はじめに

Qt に手を出して見ました。環境を整えてみましたので、そのメモ書きをしておきます。

環境

Vim の設定

Eclipse なら Vrapper、XCode なら XVim などなど各 IDE でのキー操作を Vim っぽくしてくれるプラグインは全人類の共通認識ですよね。Qt Creator では標準で FakeVim というプラグインが同梱されています。

よくよく見ると「.vimrc を読み込む」なんて項目があります。さすがに Vim plugin は使えませんが、これを設定することで自分の vimrc から :set 系コマンドと :map 系コマンドを読み取ってくれますので、他の IDE のように .vrapperrc やら .xvimrc を用意しなくても良い感じに使えるようになります。

カラースキームの設定

私は Vim でも Eclipse でも solarized を愛用しているので、Qt でも同様のカラースキームを使用したいと思い検索したところ、以下の設定が見つかりました。

カラースキームの導入は下記のように行います。.config 以下の qtcreator の場所が変わっていたのでご注意を。

$ git clone https://github.com/artm/qtcreator-solarized-syntax.git
$ mkdir ~/.config/QtProject/qtcreator/styles
$ cd qtcreator-solarized-syntax
$ cp solarized-*.xml ~/.config/QtProject/qtcreator/styles/.

これで、Qt Creator の設定に solarized が現れます。

目にやさしい感じになりますね。

Before:

After:


補完(追記: 2013/05/02)

FakeVim を ON にすると補完候補が出てこなくなってしまいます。そこで、「Qt Creater > 環境設定 > 環境 > キーボード」で「フィルタ」で 「complete」などと打ち込み、「CompleteThis」を探します。このキーシーケンスを設定してあげて手動で補完してあげるようにしましょう。私は を割り当てました。

おわりに

環境が整ったので満足しました開発していこうと思います。