凹みTips

C++、JavaScript、Unity、ガジェット等の Tips について雑多に書いています。

C#

Unity 向けの OSC 実装を作ってみた

はじめに 世の中に Unity 向けの OSC 実装は既にあるのですが、自分の理解を深めるため(+ お盆で暇だった期間 + αで)OSC の実装をしてみました。 OSC とは OpenSound Control のことで、型やデータ長などの情報を付加したデータの詰め方が定義されていて、…

VR 向けの自作 Grabber を作ってみた

はじめに VR 内でオブジェクトをつかむには OVRGrabber や VRTK などが挙げられると思います。 framesynthesis.jp ただ、両手のインタラクションや遠くのものを取ったり遠くに置いたりといった機能が欲しかったので、自分で作ることにしました。 環境 Unity …

Tango のアプリ開発はじめました

はじめに Mogura VR さん経由で ASUS 社の ZenFone AR のエンジニアリングサンプル品をお借りすることが出来たので色々調べてみました。Tango についての一般的な事柄や ZenFone AR そのものについては Mogura VR さんの方に寄稿いたしましたので、併せてお…

Unity 2017.1 の機能の CustomRenderTexture を使ってみた

はじめに keijiro さんの以下のつぶやきを見て Unity 2017.1 から CustomRenderTexture という新しいテクスチャが導入されたことを知りました。 Real time reaction-diffusion system with CustomRenderTexture (Unity 2017.01) https://t.co/NvZhkNTS1s pic…

HoloLens で UDP 通信を行う方法について調べてみた

はじめに 前回のデモで iPad と HoloLens を OSC で通信しようとした際に通信周りが面倒だったのでまとめておきます。 tips.hecomi.com ちなみに OSC はアドレス付きのデータを扱えるプロトコルで、UDP ベースのものがよく使われます。 OpenSound Control - …

HoloLens 用の Body-Locked な UI を作ってみた

はじめに ホーム画面の UI の用に、ある程度の遊びとディレイを持って視界に追従してくる Body-Locked な UI を実現したい時のために、HoloToolkit-Unity には Tagalong というコンポーネントが用意されているのですが、その挙動が自分のイメージとちょっと…

HoloLens で使える Near Clip 表現について解説してみた

はじめに 先日、Micorosoft さんのオフィスで Tokyo HoloLens ミートアップ vol.2 が行われ、そこで LT 枠で発表をしてきました。発表は「HoloLens x Graphics 入門」ということで、HoloLens に見られる幾つかの基本的な表現の紹介および解説を行いました。…

HoloLens のアプリ開発はじめました

はじめに 先日、TMCN さんから、なんと HoloLens をお貸し頂きました。 TMCN さんのご厚意で HoloLens をお借りすることができました!ありがとうございます。色々作るぞ〜 pic.twitter.com/sLgy0C2Ohm— 凹 (@hecomi) 2017年2月4日 HoloLens は Microsoft に…

Oculus Avatar SDK を使って自分のアバターを Unity で利用する方法を調べてみた

はじめに Oculus の Home アプリから以下のようにアバタを編集できます。 このアバタは Oculus Avatar SDK を利用することで Unity 内でも利用することが出来ます。ただ、現状少し手順が多く大変です。というのも、このアバタ情報は Oculus のサーバ側に保存…

Unity で特定のモデルのみ Image Effect が効かないようにする

はじめに キャラクタの顔だけ SSAO が効かないようにしたいがどうしたら良いか、という相談を受けたので、いくつか方法を考えてみました。 顔のモデル描画時にステンシルを設定しておき、Image Effect のタイミングで特定の値がセットされている場所だけ無視…

Unity で Windows のデスクトップ画面をテクスチャとして表示するプラグインを作ってみた

はじめに 本エントリは Unity Advent Calendar 2016 4 日目の記事になります。先日は srndpty さんによる「uGUIのScrollViewを使いこなす7つのTips - Programming Serendipity」でした。スクロール系は私も昨年の Advent Calendar で書いた uREPL を作成した…

Unity のエディタ拡張で FoldOut をかっこよくするのをやってみた

はじめに Screen Space Reflection の Image Effect を見ていたら次のように FoldOut が格好良かったので調べてみました。 方法 ScreenSpaceReflectionEditor.cs を読むとパーティクル(Shuriken)で使っているスタイルを流用して作成しているようです。該当…

Unity のエディタ拡張でシンタックスハイライト対応の TextArea を作成してみた

はじめに uRaymarching を作る上でシンタックスハイライト付きのコードエディタが欲しくて色々試してみましたので、その内容を共有します。 デモ こんな感じのシンタックスハイライト付きテキストエリアが作れます。 カラーコードを意識したりフォントを変更…

Unity でレイマーチングするシェーダを簡単に作成できるツールを作ってみた

はじめに レイマーチングとはポリゴンではなく、距離関数(distance function)と呼ばれる数式を元にオブジェクトをレンダリングする方法です。ポリゴンを使わないのでモーフィングや複雑な図形もシンプルな数式で記述することが可能で、GPU のコストが高い…

Unity でオブジェクトスペースのレイマーチをやってみた

はじめに 以前、Unity の Command Buffer を使ってレイマーチを行う方法を紹介しました。 Unity で Command Buffer を使って Raymarching をしてみた - 凹みTips しかしながらこの手法では異なる多数の立体を同時に描画したり、それらのオブジェクトを自由に…

Unity でスクリーンスペースのブーリアン演算をやってみた

はじめに ブーリアン演算とは様々な形状を集合演算(足し合わせる(和)、一方から他方を引く(差)、一致する部分を抜き出す(積)など)によって作成する手法です。 ブーリアン演算 - Wikipedia Constructive Solid Geometry - Wikipedia いくつかの実装方…

Unity で実行時に補完付きで REPL を行うプラグインの複数行対応をした

はじめに 以前公開した uREPL という Unity で実行時に C# のコードや予め登録したコマンドを実行するプラグインのアップデートをして、複数行編集に対応しました。 以前の記事はこちらです。 tips.hecomi.com 本エントリではちょっとした紹介と、備忘録とし…

デプスセンサの値を Deferred Rendering の G-Buffer に書き込んでみた

はじめに Deferred Rendering では G-Buffer にデプスや法線、拡散色などの情報を予め描きこんでおき、その情報を使ってシェーディングやライティングの処理が行われます。 遅延シェーディング - Wikipedia これを利用してあげると距離関数でレイトレースし…

Unity の DX11 向け機能のサンプルを読んでみた

はじめに 以下のスレッドに Unity の中の Aras 氏による DX11 機能を利用したサンプルが上がっています。 Error | Unity Community この中には 8 つのシーンにそれぞれ異なるサンプルが格納されていて、どれもあまり(日本語の)情報がなく且つ面白いものな…

Unity で Compute Shader を使ったスクリーンスペース衝突有りの GPU パーティクルを作ってみた

はじめに コンピュートシェーダを使った GPU パーティクルを試してみます。GPU パーティクルを出す方法はいくつかあるのですが、任意のメッシュを利用したかったため、コンピュートシェーダを使った擬似インスタンシングによる方法を利用してみました。 参考…

Unity で Screen Space Reflection の実装をしてみた

はじめに Screen Space Reflection はカメラから見た画のみを利用してレイトレした結果を使い、擬似的な反射画をそこそこのコストで作り出すテクニックです。Reflection Probe と異なり、動的なものにも効きますし、それなりに正しい反射した画が得られます…

Unity でカスタムライトを使ったスクリーンスペースシャドウを試してみた

はじめに 前回に引き続き Raymarching 関連記事です。 G-Buffer に Raymarching して描画したオブジェクトではポリゴンのオブジェクトから影を受けることは出来るのですが、Raymarching したオブジェクトから自身とポリゴンのオブジェクトへの影を作ることが…

Unity で Raymarching で描画したオブジェクトとのコリジョンを作ってみた

はじめに 前回の記事では G-Buffer を利用して Raymarching で数式から図形を描画する方法を紹介しました。 Unity で Command Buffer を使って Raymarching をしてみた - 凹みTips G-Buffer を利用して Raymarching して描画した図形はコライダが無いため、…

Unity で Command Buffer を使って Raymarching をしてみた

はじめに id:i-saint さんのこちらの記事(rendering fractals in Unity5 - primitive: blog)に触発されて勉強中です。Raymarching はポリゴンベースでなく、距離関数(distance function)と呼ばれる数式を元にオブジェクトをレンダリングする方法で、工夫…

Unity 5 の CommandBuffer を利用したレンダリングパイプラインの拡張について調べてみた

はじめに Unity 5 より利用できるようになった CommandBuffer を利用するとレンダリングパイプラインを拡張して色々な表現が可能となります。公式ブログにこの詳細が書いてあり、サンプルもブログ中またはドキュメント上で配布されています。 (English) Exte…

Unity でリップシンクができる OVRLipSync を試してみた

はじめに Oculus 社が Unity 向けのリップシンクライブラリ、OVRLipSync をリリースしました。 https://developer.oculus.com/downloads/audio/1.0.0-beta/Oculus_OVRLipSync_for_Unity_5/ Oculus Launch Avatar Lip Sync Plugin for Unity - Road to VR Ocu…

Unity で Desktop Duplication API を使ってスクリーンキャプチャしてみた

はじめに 以下のエントリではスクリーンキャプチャを System.Drawing.Graphics.CopyFromScreen() を別スレッドで回して行っていました。 qiita.com ここで触れられているようにネイティブでやった方が速いということもあり、本エントリでは Windows 8 から使…

Unity の Low-Level Native Plugin Interface を使ったテクスチャの更新 (Windows/D3D11 編)

はじめに 本エントリは以下のエントリの続編です。 tips.hecomi.com Low-Level Native Plugin Interface を利用すると OpenGL や DirectX から直接テクスチャの生成や更新を行うことが出来ます。前回のエントリでは Mac OS X 環境下での OpenGL を例に紹介し…

ネイティブプラグインから Unity の関数(Debug.Log 等)を呼び出す

はじめに ネイティブプラグインの作成時にネイティブ側から Unity の Debug.Log() を呼んでデバッグしたくなるときが多々あります。以下のエントリ(英語)で方法が紹介されていたのでやってみました。 Artificial stupidity: C++ Plugin Debug Log ざっくり…

Low-Level Native Plugin Interface を利用してネイティブから Unity のテクスチャを高速に更新する方法を調べてみた

はじめに Unity でネイティブ側(C/C++ 等)で作成したテクスチャを利用する方法はいくつかあって、テラシュールブログさんにまとめられています。 Unityでテクスチャを読む7つの方法 - テラシュールブログ Unityでテクスチャを読む7つの方法 4・5・6につい…